社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 モーターの力だけで走行可能な「フル電動自転車」を無免許で運転して女性に重傷を負わせたとして、警視庁巣鴨署は27日までに、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の疑いで、東京都文京区の飲食店従業員、倉持航輔容疑者(26)を逮捕した。

 署によると、フル電動自転車は道交法上「原動機付き自転車」に分類され、公道を走るには運転免許が必要。倉持容疑者は事故直後に110番したが「自転車同士の事故」と虚偽の申告をしたとみられる。

 逮捕容疑は7月、東京都豊島区の区道でフル電動自転車を無免許で運転した際、一時停止せずに左折して自転車の50代女性に衝突、大けがを負わせた疑い。

社会の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ