社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 日本大学医学部付属板橋病院(東京都板橋区)の医療機器納入を巡る背任事件で、病院側が納入する予定はなかったのに、日大の元理事井ノ口忠男容疑者(64)が懇意にする医療コンサルタント会社が主導して契約手続きを進めたことが28日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は井ノ口容疑者が日大に損失を与える意図があったとみて経緯を調べている。

 特捜部は27日、板橋病院の建て替えの設計監理業務に関する背任罪で井ノ口容疑者と大阪市の医療法人「錦秀会」の前理事長籔本雅巳容疑者(61)を起訴。さらに日大から計約2億円を流出させたとする背任容疑で、2人を再逮捕した。

社会の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 40%

  • 14℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ