総合 総合 詳報

  • 印刷
 運転手に危険を知らせるシートベルト
拡大
 運転手に危険を知らせるシートベルト

 ホンダは25日までに、人工知能(AI)を活用し、運転手の能力や状態に合わせて事前に危険を知らせ、注意を促す運転支援技術を公開した。世界初の技術で、2020年代後半の実用化を目指す。50年に同社の四輪・二輪車による交通事故の死者ゼロを掲げ、人為的なミスを先進技術で極力減らす狙いだ。

 公開した技術は、モニタリングカメラで運転手の視線の動きを検知し、運転手が歩行者など車外のリスクを認識しているかどうかをAIが判断する仕組み。歩行者がいる方角を運転席前に設置した機器のライトが点灯して知らせ、歩行者に気付いていないと判断した場合はシートベルトが自動できつく締まる。

総合の最新
もっと見る
 

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 14℃
  • 2℃
  • 10%

  • 13℃
  • 7℃
  • 50%

  • 13℃
  • 6℃
  • 60%

お知らせ