国際

  • 印刷
 中国建国70年の軍事パレードに登場した次世代弾道ミサイル「東風17」を積んだ軍用車両=2019年10月1日、北京の天安門前(共同)
拡大
 中国建国70年の軍事パレードに登場した次世代弾道ミサイル「東風17」を積んだ軍用車両=2019年10月1日、北京の天安門前(共同)

 【北京共同】中国国防省の呉謙報道官は25日の定例記者会見で、中国軍が極超音速滑空兵器を搭載する新型弾道ミサイル「東風17」を既に相当数配備していると発表した。戦いの在り方を一変させる可能性がある次世代兵器と位置付けられており、中国の軍備増強に対する米国や台湾の懸念が高まりそうだ。

 米国防総省が3日発表した報告書は、中国のロケット軍が2020年に東風17の運用を始めたと指摘していた。香港メディアによると、東風17は台湾に向けたミサイル基地にも配備されている。

 呉氏は、対艦弾道ミサイル「東風26」も同様に配備していると述べた。

国際の最新
もっと見る
 

天気(1月23日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 80%

  • 6℃
  • ---℃
  • 40%

  • 6℃
  • ---℃
  • 90%

  • 6℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ