国際

  • 印刷

 【ワシントン共同】米政府は26日、南アフリカなどで新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が確認されたことを受け、南アを含むアフリカ南部8カ国からの渡航を29日から制限すると発表した。

 対象地域はワクチンの接種率が低く、急速な感染拡大も懸念される。バイデン米大統領は声明で「世界規模でワクチン接種を進めない限り、新型コロナ流行が終わらないことが明確になった」と指摘。各国に対し、発展途上国へのワクチン供給を加速するよう訴えた。

 渡航制限の対象は南アのほかジンバブエやモザンビーク、ボツワナなど。米国民や米国永住権を持つ人には適用しない。

国際の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 4℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ