スポーツ

  • 印刷
 男子で3位の友野一希のフリー=ソチ(タス=共同)
拡大
 男子で3位の友野一希のフリー=ソチ(タス=共同)
 男子で優勝したモリス・クビテラシビリのフリー=ソチ(AP=共同)
拡大
 男子で優勝したモリス・クビテラシビリのフリー=ソチ(AP=共同)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、ロシア杯最終日は27日、ソチで行われ、男子で前日のショートプログラム(SP)首位の友野一希はジャンプが乱れたフリーで168・38点の5位にとどまったが、合計264・19点で3位に入った。

 SP2位のモリス・クビテラシビリ(ジョージア)がフリー3位で逆転し、合計266・33点でGP初優勝を果たした。ミハイル・コリャダ(ロシア)がフリー1位となり、合計264・64点で2位。田中刑事は229・75点で9位だった。

 日本勢男子は、鍵山優真と宇野昌磨がシリーズ上位6人で争われるGPファイナルに進出した。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月19日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 2℃
  • ---℃
  • 70%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ