スポーツ

  • 印刷
 引退レースとなるジャパンカップで優勝したコントレイルと、感極まり涙をぬぐう福永祐一騎手=東京競馬場
拡大
 引退レースとなるジャパンカップで優勝したコントレイルと、感極まり涙をぬぐう福永祐一騎手=東京競馬場

 中央競馬のG1レース、第41回ジャパンカップは28日、東京都府中市の東京競馬場で行われ、このレースを最後に引退する三冠馬コントレイル(4歳牡馬、矢作芳人厩舎)が優勝し、有終の美を飾った。

 コントレイルは昨年、父のディープインパクト以来で史上3頭目となる無敗でのクラシック3冠制覇を達成。その後は3連敗していたが、圧倒的な1番人気に推されたこの日、主戦の福永祐一騎手を背に昨年10月の菊花賞以来の勝利で締めた。

 通算成績は11戦8勝(うちG1が5勝)。レース後、同競馬場のパドックで引退式を実施。今後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ