社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 羽田空港の格納庫購入を巡る業務上横領事件で逮捕された元参院議員山内俊夫容疑者(74)が、土地取引に約1億5千万円を支出した後、資金提供元には「弁護士が資金を預かっている」と話していたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は、山内容疑者が私的流用に当たるとの違法性を認識し、発覚を免れるため虚偽説明をしたとみて調べる。

 捜査関係者によると、不動産業「マルナカホールディングス」が格納庫取得のための28億円を用意。この一部の2億8千万円が、山内容疑者が代表理事を務めていた一般社団法人の口座に送金され、うち約1億5千万円を山内容疑者が土地取引に充てた。

社会の最新
もっと見る
 

天気(1月23日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 80%

  • 6℃
  • ---℃
  • 40%

  • 6℃
  • ---℃
  • 90%

  • 6℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ