社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で2017年、入所する女性2人を暴行して死傷させたとして、傷害致死と傷害の罪に問われた元職員小鳥剛被告(36)は2日、岐阜地裁(出口博章裁判長)で開かれた裁判員裁判初公判で、「2件の事実について行為をいずれもしていません」と述べ、起訴内容を否認した。

 弁護側も「被告は実行行為をしていない。2件に事件性はない」などとして無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、防犯カメラ映像などから被告が2件の犯行が可能な時間帯に被害者の居室に入っていたと指摘。被害者に業務で接触した最後の職員だったと述べた。

社会の最新
もっと見る
 

天気(1月29日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 7℃
  • 1℃
  • 40%

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

お知らせ