社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 2019年4月に閉鎖された「あいりん総合センター」=2日午後、大阪市
拡大
 2019年4月に閉鎖された「あいりん総合センター」=2日午後、大阪市

 大阪市西成区のあいりん地区にあり、2019年4月に閉鎖された複合施設「あいりん総合センター」の敷地で生活する野宿者ら22人に対し、土地を所有する大阪府が立ち退きを求めた訴訟で、大阪地裁は2日、府の請求を認め退去を命じる判決を出した。

 行政による異例の訴訟で、野宿者らは控訴する方針。判決が確定すれば、強制退去の可能性がある。大阪地裁は確定前の仮執行は認めなかった。

 判決理由で横田典子裁判長は、野宿による土地の占有が府の土地の権利を侵害すると指摘。

 野宿者らの代理人、武村二三夫弁護士は大阪市内での会見で「非常に残念。行政の政策に裁判所も流された」と話した。

社会の最新
もっと見る
 

天気(1月22日)

  • 8℃
  • 1℃
  • 10%

  • 7℃
  • -1℃
  • 20%

  • 9℃
  • 0℃
  • 0%

  • 8℃
  • -1℃
  • 10%

お知らせ