国際

  • 印刷

 【ワシントン共同】米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は2日、ロシア軍によるウクライナ国境への部隊展開が「大きな懸念」を引き起こす状況となっていると指摘した。ウクライナ情勢を巡り、ロシア側の言動が露骨になっているとも指摘した。訪問先の韓国から米国に戻る機内での記者団への発言としてロイター通信が伝えた。

 米国を含む北大西洋条約機構(NATO)は、ロシアがウクライナ侵攻を準備しているとみて警戒を強めている。ミリー氏は「ロシアが明白な攻撃的行動を起こせば、米国とNATO加盟国にとって重大な安全保障上の権益が脅かされる」と強調した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ