国際

  • 印刷

 先進7カ国(G7)は3日、発展途上国のインフラ整備支援に関する5原則をまとめた首脳声明を発表した。6月の首脳会議で合意した新構想を具体化したもので、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗する。

 「国際的に認められたルールとスタンダードの順守」を求め「共通の価値と途上国の利益に基づく競争を推進する」と表明。G7の連携強化や20カ国・地域(G20)などとの連携、官民の資金と専門性動員、一貫性のある支援を原則に掲げた。

 また中国が途上国を借金漬けにして支配を強める「債務のわな」を念頭に、債務の透明性の向上に取り組み、債務の持続可能性に配慮すると明記した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ