総合 総合 詳報

  • 印刷
 籔本雅巳被告(後列左)、井ノ口忠男被告(同右)と写真に納まる田中英寿容疑者(手前右の人物を画像加工しています、日大のHPから)
拡大
 籔本雅巳被告(後列左)、井ノ口忠男被告(同右)と写真に納まる田中英寿容疑者(手前右の人物を画像加工しています、日大のHPから)

 日本大学前理事長田中英寿容疑者(74)が所得税法違反容疑で逮捕された事件で、東京地検特捜部は、同容疑者が妻と共謀して脱税したと判断していることが4日、関係者への取材で分かった。取引業者らから提供を受けた現金は、ちゃんこ店を経営する妻が管理していたとされ、特捜部は、夫婦が意図的に税務申告から除外したとみている。

 2年間で計約5300万円とされる脱税額のうち、2018年分が約450万円、20年分が9割超となる約4870万円であることも判明した。

 関係者によると、田中容疑者の自宅からは1億円以上の現金などが、ちゃんこ店の従業員宅からも約2千万円が発見された。

総合の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 30%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ