スポーツ

  • 印刷

 【ビスワ(ポーランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は4日、ポーランドのビスワで団体第1戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、佐藤幸椰、佐藤慧一、小林潤志郎(以上雪印メグミルク)中村直幹(フライングラボラトリー)の日本は合計787・3点で5位だった。

 1番手の佐藤幸が1回目にトップの得点をマークして好発進したが、続く佐藤慧が103メートルにとどまって順位を落とし、その後は表彰台争いに絡めなかった。オーストリアが843・0点で優勝。ドイツが2位、スロベニアが3位だった。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月26日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 40%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ