社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 東京都江東区で6日未明に出火し住宅など12棟が焼けた火災で、警視庁城東署は7日、自宅に火を付けて延焼させたとして、現住建造物等放火の疑いで、江東区大島8丁目の無職時庭和一容疑者(57)を逮捕した。署によると「自殺しようと思い、こんろで広報紙に火を付けて置いた」と供述している。

 時庭容疑者は火元の2階建て住宅に1人暮らしで、火災発生直後に近くの交番に「火を付けた」と出頭した。煙を吸ったため喉に軽傷を負って入院し、7日に退院した。

 逮捕容疑は6日午前4時ごろ、自宅に放火し、隣接する住宅やアパートなど計12棟を焼いた疑い。約12時間半後に鎮火した。

社会の最新
もっと見る
 

天気(1月22日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ