国際

  • 印刷
 カンボジアのフン・セン首相(右)とミャンマーのワナマウンルウィン氏=7日、プノンペン(ロイター=共同)
拡大
 カンボジアのフン・セン首相(右)とミャンマーのワナマウンルウィン氏=7日、プノンペン(ロイター=共同)

 【プノンペン共同】来年の東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国カンボジアのフン・セン首相は7日、ミャンマー国軍から外相に任命されたワナマウンルウィン氏とプノンペンで会談した。自らの仲介によるミャンマー情勢打開に強い意欲を見せ、軍政の招待を受け入れ来月7~8日に現地を訪問する意向を示した。カンボジア側が明らかにした。

 実現すれば2月のクーデター後、外国首脳の訪問は初めてとされる。ミャンマーの孤立は深まっており、カンボジアは軍政をASEAN外交に引き戻す仲介努力を続ける。ただ国軍はアウンサンスーチー氏排除の既成事実化を加速させる構えで、事態好転は見通せない。

国際の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 30%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ