経済 経済 新商品

  • 印刷

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は9日、政府の観光支援策「Go To トラベル」を巡り、国からの不適切受給の疑いがある取引が子会社2社で見つかったとして、弁護士をトップとする調査委員会を設置したと発表した。宿泊の実態がなく、本来は受給対象とはならない取引があったとして、不正の事実関係を調べている。

 2社は「ジャパンホリデートラベル」(大阪市)と「ミキ・ツーリスト」(東京)。8日に設置した調査委員会が関係者に聞き取りを実施している。

 GoToトラベルは旅行会社側が補助金を受け取る仕組み。対象外の取引が含まれると、過大に受給した可能性が出てくる。

経済の最新
もっと見る
 

天気(1月23日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 80%

  • 6℃
  • ---℃
  • 50%

  • 6℃
  • ---℃
  • 90%

  • 6℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ