国際

  • 印刷

 【ニューヨーク共同】国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは13日、世界の人権状況に関する2022年版の報告書を発表した。中国を巡っては、新疆ウイグル自治区で拷問や文化的迫害といった「人道に対する罪」を犯すなど弾圧を強化していると非難した。

 報告書は中国の習近平国家主席について「法制度を自分の意のままにし、監視の目を国の隅々まで広げている」と強調。香港民主派への弾圧にも触れ、当局が「香港市民の自由を破壊した」と糾弾した。

 日本政府に関しても「『世界の人権環境の改善に貢献する』と表明しているが、指導的役割を果たしていない」と厳しい評価を下した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ