スポーツ

  • 印刷
 優勝して笑顔を見せる男子の堀島行真(左)と女子の川村あんり=ディアバレー(共同)
拡大
 優勝して笑顔を見せる男子の堀島行真(左)と女子の川村あんり=ディアバレー(共同)
 フリースタイルスキーW杯モーグル、川村あんりのエア=14日、ディアバレー(AP=共同)
拡大
 フリースタイルスキーW杯モーグル、川村あんりのエア=14日、ディアバレー(AP=共同)

 【ディアバレー(米ユタ州)共同】フリースタイルスキー・モーグルのワールドカップ(W杯)は14日、米ユタ州ディアバレーで北京冬季五輪前では最後となる第9戦が行われ、男子は堀島行真が84・04点で制した。今季3勝目で、通算で日本歴代単独最多となる11勝目。女子は17歳の川村あんりが80・89点で今季、通算とも3勝目を挙げた。

 男子は杉本幸祐が5位、予選落ちの松田颯は19位。前回平昌五輪銅メダルの原大智は疲労蓄積を考慮して欠場した。

 女子は柳本理乃が8位、住吉輝紗良が10位、星野純子が11位、冨高日向子が13位、予選落ちの中尾春香は17位だった。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 2℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ