国際

  • 印刷
 フランス大統領選への立候補を表明するクリスティアーヌ・トビラ氏=15日、リヨン(AP=共同)
拡大
 フランス大統領選への立候補を表明するクリスティアーヌ・トビラ氏=15日、リヨン(AP=共同)

 【パリ共同】フランスのオランド前社会党政権で法相を務めたクリスティアーヌ・トビラ氏(69)が15日、4月の大統領選の候補となる意向を表明。左派は既に多くの候補が名乗りを上げ、支持は低迷。左派支持層に人気のあるトビラ氏は候補統一を図りたい考えだが、分裂を深めるだけに終わる可能性もある。

 環境派を含む左派からはこれまで社会党のイダルゴ・パリ市長、環境派のジャド欧州議員、極左のメランション国民議会(下院)議員らが出馬表明。しかし大統領選の第1回投票を想定した世論調査では目下、現職のマクロン氏がリードし、右派のペクレス氏、極右のルペン、ゼムール両氏が追う展開。

国際の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ