社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 新型コロナウイルス禍で困窮する子育て世帯を支援するため、認定NPO法人「フローレンス」(東京)は1月下旬から、全国の1万世帯に食品を届ける「こども宅食」を実施する。食品メーカーや卸売企業と協力し、レトルト商品や菓子などを配送する。

 コロナ禍では、保護者の失業や地域の交流場所の休止により、子育て家庭が貧困や孤立に陥る懸念が指摘されている。定期的に食べ物を届ける支援へのニーズは高まっているが、民間団体が中心で、食品の安定的な確保が課題となっている。

 今回、フローレンスと食品卸売り大手の「日本アクセス」(東京)が連携する。

社会の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ