社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 広島県福山市のアパートで2020年2月、会社役員若嶋真一さん=当時(45)=の他殺体が見つかった事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた福山美保被告(53)の裁判員裁判初公判が17日、広島地裁(三村三緒裁判長)で開かれ、福山被告は起訴内容を認めた。被告は若嶋さんと交際していた。

 起訴状によると20年2月27日、同じく二つの罪で起訴された前田悟被告(52)と共謀し、若嶋さん宅で若嶋さんの首を絞めて殺害、遺体を福山市内のアパートに運んで遺棄したとしている。

 検察側は冒頭陳述で「福山被告が殺害を提案し、共犯に利益を与え手を下さずに事件を起こした」と指摘した。

社会の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ