国際

  • 印刷
 米国のアントニー・ブリンケン国務長官=7日、ワシントン(ロイター=共同)
拡大
 米国のアントニー・ブリンケン国務長官=7日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン、モスクワ共同】米国務省は18日、ブリンケン国務長官が18~20日にウクライナの首都キエフとドイツの首都ベルリンを訪問すると発表した。ウクライナ国境周辺に軍部隊を集結させているロシアへの対応について協議する。インタファクス通信などは18日、ロシア外務省の話として、ラブロフ外相とブリンケン氏が近く接触し協議することが検討されていると報じた。

 外相会談が直接対面か、電話などによるものかなど詳細は不明。米ロは今月10日にスイスのジュネーブで戦略的安定対話を開き、NATOの東方不拡大などを条約の形で確約するよう欧米側に求めるロシアの提案を協議した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 12℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ