国際

  • 印刷

 【カイロ共同】中東レバノン東部アンジャル近郊で、銀行から外貨引き出しを拒否されて怒った客の男が、銃や手りゅう弾で銀行職員や客を脅して施設を一時占拠した。駆けつけた治安部隊が銀行を包囲、男は間もなく投降した。負傷者はなかった。

 男は自身の口座から5万ドル(約570万円)を引き出そうとしていた。銃器に加え、燃料を自分の体にかけて火を付けると行員を脅迫していたという。

 レバノンはかつての内戦の影響で銃器が氾濫している。また2020年3月にデフォルト(債務不履行)が宣言され、地元通貨の価値が急落した。外貨引き出しが規制され、多くの市民が生活苦に陥っている。

国際の最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ