経済 経済 新商品

  • 印刷

 地域の農林水産物・食品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度の登録生産者団体は19日、GI制度の認知度向上を図る組織「日本地理的表示協議会」を設立した。制度の情報発信を強化し、インターネット通販サイトなどでGI産品の販路拡大を目指す。

 GIは登録されると専用のマークを付けられ、ブランド保護や消費者に品質をアピールしやすくなる。「神戸ビーフ」や「夕張メロン」など110品目が登録済みだ。

 同日、東京都内で設立総会を開催、協議会はGI産品を生産する91の団体で構成。料理人との連携によるレストランでのGI産品活用やネット通販、百貨店でのフェア開催に取り組む。

経済の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ