スポーツ

  • 印刷
 スピード男子1000メートル 1分12秒63で優勝した小海・井出雄斗=YSアリーナ八戸
拡大
 スピード男子1000メートル 1分12秒63で優勝した小海・井出雄斗=YSアリーナ八戸

 全国高校スケート、アイスホッケー選手権第3日は19日、青森県八戸市のYSアリーナ八戸などで行われ、スピードの1000メートルで男子は井出雄斗(長野・小海)が1分12秒63で制し、女子は久保杏奈(北海道・白樺学園)が1分20秒02で勝った。女子3000メートルは畠山雪菜(長野・小海)が4分17秒20で優勝した。

 フィギュアはショートプログラム(SP)による予選で、男子は全日本ジュニア選手権4位の片伊勢武(大阪・関大第一)が74・43点のトップで決勝進出。女子は世界ジュニア選手権代表の住吉りをん(東京・駒場学園)が66・24点で予選最終組を残し首位に立った。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 12℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ