社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 立花孝志被告
拡大
 立花孝志被告

 NHK契約者の個人情報を不正に入手、インターネット上に投稿してNHKの業務を妨害したとして、不正競争防止法違反と威力業務妨害などの罪に問われた「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の党首立花孝志被告(54)に、東京地裁は20日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月、罰金30万円)の判決を言い渡した。

 立花被告側は「正当な政治活動で、違法性はない」などと無罪を主張していた。被告は判決後に記者会見し「執行猶予が付いて安心した。正義のために行ったことで、恥じることも反省することもない」と述べ、控訴する方針を示した。

社会の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 12℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ