社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 厚生労働省は20日、児童虐待防止に関する関係省庁の連絡会議を開き、全国の児童相談所に2022年度、児童福祉司を新たに505人増員する計画を明らかにした。総人数の目標は約5765人に設定した。

 政府は18年、東京都目黒区で5歳女児が虐待死した事件を受け、虐待防止に向けた体制強化として22年度までに児童福祉司を約5260人体制にする目標を掲げた。その後の実績などを踏まえ目標を改定してきた。

 厚労省によると、21年度の児童福祉司の配置総数は5168人。精神的ケアを担う児童心理司は2071人だった。23年度以降の目標人数については未定。

社会の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 12℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ