経済 経済 新商品

  • 印刷

 21日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=113円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比60銭円高ドル安の1ドル=113円79~82銭。ユーロは1円32銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円62~66銭。

 前日に米長期金利が下落したことで日米の金利差が拡大するとの見方が後退し、円を買ってドルを売る動きが先行した。日米で株価が下落したことも投資家心理を冷やし、比較的安全な通貨とされる円の買いを促した。

 市場では「国内の新型コロナウイルス感染拡大も投資家のリスク回避姿勢を強めている」(外為ブローカー)との声があった。

経済の最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ