社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 筧真一被告
拡大
 筧真一被告

 神戸市北区のヤマト運輸集配所で2020年、男女2人を包丁で襲い死傷させたとして殺人や殺人未遂などの罪に問われた同社の元パート従業員筧真一被告(47)は21日、神戸地裁(野口卓志裁判長)で開かれた裁判員裁判初公判で「間違いない」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると、20年10月6日午前4時すぎ、集配所の敷地内で、いずれも同僚でパート従業員の広野真由美さん=当時(47)=の胸や腹を包丁で突き刺して殺害し、大崎恭史さん(61)も殺害しようとしたとしている。大崎さんは抵抗した際に左手に軽傷を負った。

社会の最新
もっと見る
 

天気(5月20日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 10%

  • 29℃
  • 13℃
  • 10%

  • 26℃
  • 17℃
  • 10%

  • 27℃
  • 16℃
  • 10%

お知らせ