スポーツ

  • 印刷
 NBAの「日本人対決」で競り合うウィザーズの八村塁(左)とラプターズの渡辺雄太21日、ワシントン(AP=共同)
拡大
 NBAの「日本人対決」で競り合うウィザーズの八村塁(左)とラプターズの渡辺雄太21日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBAは21日、各地で行われ、八村塁のウィザーズは本拠地ワシントンで渡辺雄太のラプターズに105-109で敗れた。ともに途中出場で今季初の日本人対決が実現し、八村は今季最長の19分50秒プレーして11得点、今季最多の8リバウンド。渡辺は5分47秒で無得点、2リバウンドだった。

 ラプターズは22勝21敗とし、ウィザーズは23勝23敗。日本人対決は2020年2月以来、3度目だった。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ