スポーツ

  • 印刷
 日本スポーツ学会大賞を受賞した岩手・花巻東高の佐々木洋監督=22日、東京都内
拡大
 日本スポーツ学会大賞を受賞した岩手・花巻東高の佐々木洋監督=22日、東京都内

 日本スポーツ学会は2021年度の大賞に米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手、マリナーズからフリーエージェントとなった菊池雄星投手と、2人の恩師である岩手・花巻東高の佐々木洋監督を選出し、22日に東京都世田谷区の国士舘大で授賞式を行った。

 両選手の授賞理由はコロナ禍で苦しむ人々を素晴らしいプレーで魅了したこと。佐々木監督は式に出席し「3人でというのは感慨深い」と話した。

 VTR参加だった大谷は「先輩の菊池さんと佐々木監督と一緒に受賞できて大変うれしい」と話し、菊池は「夢に向かって決して諦めることなく、常に挑戦する日々を送っていきたい」と気持ちを新たにした。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ