国際

  • 印刷
 台湾の蒋経国元総統の図書館開館式に出席した蔡英文総統(左から2人目)と馬英九前総統(右端)ら=22日、台北市(総統府提供、共同)
拡大
 台湾の蒋経国元総統の図書館開館式に出席した蔡英文総統(左から2人目)と馬英九前総統(右端)ら=22日、台北市(総統府提供、共同)

 【台北共同】台湾の蒋介石の息子で、1988年に死去した元総統、蒋経国の図書館が台北市の住居跡に設立され、蔡英文総統らが22日、開館式に出席した。蔡氏はあいさつで「蒋経国元総統は『台湾を守る』立場を堅持した」とたたえ、現在の台湾人にとって最も重要な共通認識だと強調した。

 蔡氏は、蒋経国が生前に「中華民国が存在できているのは反共を堅持し、中国共産党といかなる妥協もしないからだ」と述べたと指摘。軍事威嚇で統一圧力を強める中国の習近平指導部を念頭に「団結して台湾人の民主主義と自由を守ろう」と呼び掛けた。

国際の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 18℃
  • 20%

  • 24℃
  • 14℃
  • 20%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

  • 28℃
  • 17℃
  • 20%

お知らせ