スポーツ

  • 印刷
 昨年9月、ファンに手を振るソフトバンクのバレンティン=タマホームスタジアム筑後
拡大
 昨年9月、ファンに手を振るソフトバンクのバレンティン=タマホームスタジアム筑後

 昨季限りでソフトバンクを退団し、日本での現役続行を望んでいたウラディミール・バレンティン外野手(37)が23日、ツイッターで日本復帰を断念したことを明かした。「日本のファンに、日本球界からの引退をお知らせしたい。日本でプレーし、屈指のホームランバッターになる機会を与えてくれたヤクルトに感謝したい」とつづった。

 2011年にヤクルトに入団し、13年にプロ野球シーズン最多記録の60本塁打を放つなど、本塁打王に3度輝いた。20年にソフトバンクに移籍後は2年間で13本塁打にとどまり、戦力構想を外れて退団した。通算成績は打率2割6分6厘、301本塁打、794打点。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ