スポーツ

  • 印刷
 女子50メートル自由形決勝のレースを終え、タイムを確認する池江璃花子。25秒20で優勝した=東京辰巳国際水泳場
拡大
 女子50メートル自由形決勝のレースを終え、タイムを確認する池江璃花子。25秒20で優勝した=東京辰巳国際水泳場

 競泳の北島康介杯最終日は23日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子50メートル自由形は池江璃花子(ルネサンス)が25秒20で制した。22日の女子100メートル自由形に続く優勝で「すごくいい仕上がり」と笑顔を見せた。

 池江は午前の50メートル自由形予選をただ一人バタフライで泳ぎ、25秒91の全体2位で通過した。この日の100メートルバタフライを疲労の蓄積を理由に棄権したこともあって、自由形をバタフライで泳ぐ異例の決断をした。「抵抗はあったが、めったにできない経験なので。戦える位置にいるんだなと実感した」と語った。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ