生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 妊婦約6600人のワクチン接種状況
拡大
 妊婦約6600人のワクチン接種状況

 日本産科婦人科学会などが昨年10~11月、妊婦約6600人にインターネットで尋ねたところ、73・6%が2回の新型コロナワクチン接種を終えていたことが分かった。

 学会は、オミクロン株の拡大で妊婦の感染増が懸念されるとして「3回目は妊婦を優先接種の対象に加えてほしい」と24日までに国へ要望した。

 調査によると、1回以上接種した妊婦は82・1%に上り、2回目の接種率は昨年11月の国内の接種率に近い水準だった。

 妊婦がコロナに感染すると、特に妊娠後期で重症化リスクが高まる。呼吸器症状の悪化による胎児への悪影響を避けるため、帝王切開で早産となることも多いという。

科学・環境の最新
もっと見る
 

天気(7月1日)

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 37℃
  • 22℃
  • 20%

  • 37℃
  • 26℃
  • 20%

  • 38℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ