国際

  • 印刷
 24日、米ワシントンで、欧州各国の首脳とテレビ電話で会議をするバイデン米大統領(ロイター=共同)
拡大
 24日、米ワシントンで、欧州各国の首脳とテレビ電話で会議をするバイデン米大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン、パリ共同】バイデン米大統領は、ロシアが軍事圧力を強めるウクライナ情勢に対処する「北大西洋条約機構(NATO)即応部隊」に米軍約8500人を短期間で派兵できる態勢を整えるように命じた。バイデン氏は24日、欧州諸国首脳らとテレビ電話会議を開き、問題の外交解決を目指す方針で一致し、結束を確認した。米政府などが発表した。

 欧米諸国は、ウクライナやベラルーシの国境に展開するロシア軍が「部隊を増強し続けており、規模は大きくなっている」(カービー米国防総省報道官)とみており、緊迫がさらに高まっている。軍事的な対応と同時に外交解決の道を模索している。

国際の最新
もっと見る
 

天気(5月17日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 16℃
  • 0%

  • 24℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ