スポーツ

  • 印刷
 W杯男子回転第6戦で1回目途中棄権に終わった小山陽平の滑り=シュラートミング(ゲッティ=共同)
拡大
 W杯男子回転第6戦で1回目途中棄権に終わった小山陽平の滑り=シュラートミング(ゲッティ=共同)

 【シュラートミング(オーストリア)共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は25日、オーストリアのシュラートミングで男子回転第6戦が行われ、北京冬季五輪代表で23歳の小山陽平(ベネフィット・ワン)は40番スタートの1回目に途中棄権した。W杯出場2戦目の21歳、相原史郎(東海大)も66番出走の1回目で途中棄権に終わった。

 リヌス・シュトラッサー(ドイツ)が2回の合計タイム1分46秒00で今季初、通算3勝目を挙げた。アトルリー・マグラース(ノルウェー)が0秒03差の2位、マヌエル・フェラー(オーストリア)がさらに0秒36差の3位だった。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ