国際

  • 印刷
 米ニューヨークのイベントで演説するアウンサンスーチー氏=2016年(ロイター=共同)
拡大
 米ニューヨークのイベントで演説するアウンサンスーチー氏=2016年(ロイター=共同)

 【ヤンゴン共同】クーデターで全権を握ったミャンマー国軍のゾーミントゥン報道官は26日、共同通信の取材に応じ、軟禁中のアウンサンスーチー氏が率いた国民民主連盟(NLD)について、国軍に解党する意図はないと明らかにした。国軍は来年8月までに総選挙を予定しておりNLD参加を認める方針を示した。

 国家顧問兼外相だったスーチー氏は20年11月の総選挙で、NLDを圧勝に導いた。しかし国軍は大規模不正があったと主張してクーデターを起こし、結果を無効にした。スーチー氏はじめ大半の幹部が拘束・軟禁中のNLDが選挙に参加しても、広範な支持は得られないと結論付けたとみられる。

国際の最新
もっと見る
 

天気(5月17日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 16℃
  • 0%

  • 24℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ