社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 2020年6月、交際相手に会うため鹿児島県に旅行に出たまま、当時3歳の長女を東京都大田区の自宅に約1週間放置し、衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた母親梯沙希被告(26)は27日、東京地裁(平出喜一裁判長)の裁判員裁判初公判で起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で「以前から友人や交際相手と会うため、放置を繰り返していた」と指摘した。

 冒頭陳述によると、梯被告は長女稀華ちゃんの父親と離婚し、2人で大田区のマンションで暮らしていた。当時の交際相手が住む鹿児島県に旅行し帰京後、稀華ちゃんの異変に気付き119番。搬送先の病院で死亡が確認された。

社会の最新
もっと見る
 

天気(5月19日)

  • 25℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 11℃
  • 0%

  • 27℃
  • 15℃
  • 0%

  • 29℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ