経済 経済 新商品

  • 印刷

 【ニューヨーク共同】27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅続落し、前日比7・31ドル安の3万4160・78ドルで取引を終えた。前日に続いて相場が乱高下。米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的に利上げすることを警戒した売りが優勢となり、マイナス圏に沈んだ。

 朝方は米国の2021年10~12月期の実質国内総生産(GDP)が市場予想を大幅に上回ったのに伴い、景気回復への期待から上げ幅が600ドルを超える場面もあった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反落し、189・34ポイント安の1万3352・78。

経済の最新
もっと見る
 

天気(5月20日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 10%

  • 29℃
  • 13℃
  • 10%

  • 26℃
  • 17℃
  • 10%

  • 27℃
  • 16℃
  • 10%

お知らせ