社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 磁気健康器具の預託商法を展開した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、顧客から計約1億6500万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元会長山口隆祥被告(79)に、東京地裁は28日、懲役8年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

 浅香竜太裁判長は判決理由で「消費者庁の指摘に耳を傾けず、問題のある経営方針を貫いた。顧客の大切な財産をないがしろにしてジャパンライフの延命を図り、非常に強い非難にあたる」と指摘。「被害額は高額で大部分は返還されず、刑事責任は重大だ」と述べた。その上で、被告の指示による犯行で責任を一手に担うべきだとした。

社会の最新
もっと見る
 

天気(5月19日)

  • 25℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 11℃
  • 0%

  • 27℃
  • 15℃
  • 0%

  • 29℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ