社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 脅迫罪に問われ無罪が確定した北海道帯広市の男性(35)が、任意の捜査段階で警察官が同意なくタクシーに同乗したのは違法だとして、道に150万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が28日、札幌高裁であった。長谷川恭弘裁判長は捜査の違法性を認め、請求を棄却した一審釧路地裁帯広支部判決を変更し、道に20万円の支払いを命じた。

 判決などによると、男性は北海道内の大学院に通っていた2016年11月、北見市の自民党支部に「爆破する」などと書いた手紙を送った疑いを持たれ、警察官らが追尾。タクシーに乗った際に警官3人が乗り込んだ。

社会の最新
もっと見る
 

天気(5月19日)

  • 25℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 11℃
  • 0%

  • 27℃
  • 15℃
  • 0%

  • 29℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ