社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 大雨の影響で道路脇の斜面が崩れ、通行止めとなった現場=27日午前、長野県松本市(同県松本建設事務所提供)
拡大
 大雨の影響で道路脇の斜面が崩れ、通行止めとなった現場=27日午前、長野県松本市(同県松本建設事務所提供)

 長野県松本市内から上高地に向かう県道24号で27日午前、前日からの大雨の影響で道路脇の斜面が崩れ通行止めとなった。観光客や宿泊施設の従業員ら約700人が一時足止めされた。県が土砂を撤去し、同日午後には希望者がバスなどで下山した。山岳景勝地の上高地では同日に開山祭が予定されていたが、中止になった。

 県の建設事務所によると、幅約10m、高さ約15mの範囲の斜面が崩れた。午前4時半ごろ、現場を視察に来た業者が発見。けが人はいなかった。

 県は情報連絡会議を開き、27日中に希望者約200人が下山を開始することや、29日朝から全面復旧を目指す方針を明らかにした。

社会の最新
もっと見る
 

天気(5月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ