経済 経済 新商品

  • 印刷

 国内自動車大手8社が27日発表した2021年度の国内生産台数は、前年度比6・8%減の709万3641台だった。減少は3年連続となる。半導体不足の長期化と、新型コロナ感染拡大による海外からの部品調達難が響いた。ガソリン高騰や、ロシアのウクライナ侵攻に伴う経済の先行き不安など22年度も逆風は続きそうだ。

 トヨタ自動車は5・4%減の276万843台と45年ぶりの低水準。ホンダは7・7%減の63万4468台で、担当者は「少なくとも直近20年間で最低」とした。日産自動車は13・8%減の44万5836台と最も落ち込みが大きかった。三菱自動車だけが前年を上回った。

経済の最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ