経済 経済 新商品

  • 印刷

 日銀の黒田東彦総裁は13日の衆院財務金融委員会で、消費者物価の上昇率を安定的に年2%に高める目標について「2023年度でも実現できるような状況になっていない」と答弁した。

 日銀は4月28日の金融政策決定会合で、原油や穀物の価格高騰を受け、22年度の物価上昇率の見通しを1月時点の1・1%から1・9%に引き上げた。ただ物価上昇は一時的とみて、23年度は1・1%に低下すると予想した。

 黒田氏は「もう少し時間はかかるが、(目標は)達成できると考えている」とも話した。

経済の最新
もっと見る
 

天気(6月29日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 0%

  • 38℃
  • 25℃
  • 0%

  • 33℃
  • 26℃
  • 0%

  • 35℃
  • 25℃
  • 0%

お知らせ