国際

  • 印刷
 バイデン米大統領(ロイター=共同)
拡大
 バイデン米大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】日米豪印の協力枠組み「クアッド」が24日に東京で開く首脳会合で、ロシアが侵攻したウクライナを含む全ての国の主権と領土の一体性の尊重を共同声明に盛り込む方向で調整に入ったことが13日分かった。複数の関係国筋が明らかにした。伝統的にロシアと友好関係にあるインドと足並みをそろえられるかが焦点。

 バイデン米政権は4カ国の結束を確認し、ロシアのプーチン大統領をけん制したい考えだ。クアッドは覇権主義的な動きを強める中国を意識した枠組みの色合いが強いが、国際秩序を脅かすウクライナでの侵攻や人道危機もにらみ、協力範囲を広げていることが鮮明になった。

国際の最新
もっと見る
 

天気(6月29日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 0%

  • 38℃
  • 25℃
  • 0%

  • 33℃
  • 26℃
  • 0%

  • 35℃
  • 25℃
  • 0%

お知らせ