国際

  • 印刷
 13日、砲撃で破壊されたウクライナ南部オデッサのショッピングモール付近でがれきを掃く男性(AP=共同)
拡大
 13日、砲撃で破壊されたウクライナ南部オデッサのショッピングモール付近でがれきを掃く男性(AP=共同)

 【キーウ共同】ウクライナのベネディクトワ検事総長は13日、ロシア軍兵士らによる戦争犯罪について41人の公判が開かれるとの見通しを明らかにした。AP通信が伝えた。ロシア軍が多数の民間人を虐殺したと非難しており、戦争犯罪の追及を加速する方針だ。

 ウクライナでは東部を中心に激しい戦闘が続き、東部ドネツク州では13日、ロシア軍の砲撃で民間人1人が死亡、十数人が負傷した。州知事が通信アプリに投稿した。

 戦争犯罪を裁く公判は首都キーウ(キエフ)の裁判所で13日に初めて行われ、非武装の民間人を銃殺したとして訴追されたロシア軍兵士が出廷した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(6月29日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 0%

  • 38℃
  • 25℃
  • 0%

  • 33℃
  • 26℃
  • 0%

  • 35℃
  • 25℃
  • 0%

お知らせ