国際

  • 印刷

 【ワシントン、カイロ共同】米政府は14日、ハリス副大統領とブリンケン国務長官が16日に、アラブ首長国連邦(UAE)の大統領を務め13日に死去したハリファ氏に弔意を示すために、UAEのアブダビを訪問すると発表した。英政府やフランスのメディアによると、ジョンソン英首相とフランスのマクロン大統領もそれぞれ15日にUAEを弔問に訪れる。

 世界的に原油価格が高騰し、米国などでガソリンの値上がりが問題化する中、欧米各国は有数の産油国UAEとの緊密な連携を重視。米政府はハイレベルの弔問団を派遣して友好関係をアピールしたい考えだ。

国際の最新
もっと見る
 

天気(6月27日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ