国際

  • 印刷
 インタビューに応じるオーストリアのシャレンベルク外相(共同)
拡大
 インタビューに応じるオーストリアのシャレンベルク外相(共同)

 【ウィーン共同】核兵器禁止条約第1回締約国会議が来月開催されるオーストリアのシャレンベルク外相は15日までに共同通信と会見し、「ロシアの核戦力が(米欧をけん制し)ウクライナ侵攻を容易にした」と述べ、核兵器による抑止力が侵攻の道を開いたと指摘した。核抑止が安全保障に資さないことの証明だとして「軍縮の重要性がかつてなく高まっている」と強調した。

 米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)と核禁止条約は「矛盾しない」と断言、加盟国や米の「核の傘」下の日本に会議参加を促した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(6月28日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 35℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ